癌は転移を繰り返すことがある病気です|最新の治療

看護師

椎間板の歪みを正すため

マスクをした女の人

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板がつぶれて神経を刺激するようになる病気です。早めに医療機関を受診すると、牽引療法や温熱療法やレーザー治療などで治すことができます。これらはいずれも、椎間板を温存し、その歪みを正すという治療方法です。重度の場合は手術となりますが、これによっても完治させることができます。

詳しく読む

整形外科の治療

病院

椎間板ヘルニアの治療では、現在レーザーが使われるようになっています。大阪のクリニックではこういったレーザー治療を行っており、評判を得ている状況です。今後は、この椎間板ヘルニアの新治療がさらに普及していくと考えられます。

詳しく読む

どのようなものなのか

入院患者

知っておきたい豆知識

骨粗鬆症になると、推体が後ろから前に向かって圧迫されてきます。そのため推体の前の方がつぶれてくさび状になり、腰が曲がってくることが多くあります。そうなると日常生活も不便になりますし、前方が見えづらくなるために転んでしまうことも少なくありません。骨粗鬆症は骨がもろくなり骨折しやすいものですので、そうした事態は避けたいものです。そこで行いたいのが背伸びです。実は日常の中で前かがみになることが多いほど、骨粗鬆症になった時に腰が曲がりやすい傾向があります。そのため前かがみの姿勢を続けた後などに、背中を伸ばしてあげることで予防へと繋がるというわけです。こうした予防方法というのは、若いうちからやっておくほど高い効果を発揮します。

今後どう変わっていくのか

骨粗鬆症の治療というのは、現在では進行をくい止めるものが主となっています。食事などである程度は予防できる病気ではありますが、予防のために毎食しっかりと管理するのも 中々大変なものがあります。そうなるとやはり期待したいのが、治療の進化です。現在では根本的な治療はないとされていますが、医学の進歩は著しいものです。そのため完治は無理だとしても、通常の生活を無理なく送れるようになる治療方法が出てくるのではないでしょうか。例えば、骨粗鬆症は骨に小さな穴が開いたような状態になりますので、その穴を埋めて強化するようなものです。骨を強化することができるようになれば、簡単に骨折することもなくなりますし、寝たきりになる人も少なくなるでしょう。

癌の克服

日本人の死因トップは癌です。癌は転移を繰り返す場合もあるため、治療が困難な病気とされているのです。最近は転移を繰り返す厄介な癌治療に役立つ放射線治療や、NK細胞を利用した免役療法が注目されています。

保存療法と予防法

看護師

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、すぐに手術を行わず、薬の使用などで様子を見ることが多くなっています。予防には、普段の生活で正しい姿勢を意識することが大切です。自分自身で判断が難しい場合は、プロの整骨院などで指導を受けるのも良いでしょう。

詳しく読む